事業所概要 クリエーター紹介


ご連絡方法について
お支払いについて
ご発注の際の注意事項
紙の種類について
書体について
よくある質問
印刷物の納期・配送について
ミスプリントの対応について
特定商取引に関する表記
プライバシーポリシー
著作権について
データの譲渡について
事業所概要
クリエーター紹介
DREAM STRATEGY
グラフィックデザイン
WEBデザイン
名刺デザイン
ロゴ・イラスト・地図
看板・のぼり
プロダクトデザイン
印刷
写真
デザインのご用命は全国対応
北海道,青森県,秋田県,岩手県,山形県,宮城県,福島県,新潟県,群馬県,栃木県,茨城県,千葉県,埼玉県,東京都,神奈川県,静岡県,山梨県,長野県,富山県,石川県,福井県,滋賀県,岐阜県,愛知県,三重県,奈良県,和歌山県,大阪府,京都府,兵庫県,岡山県,鳥取県,島根県,広島県,山口県,香川県,徳島県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,大分県,宮崎県,熊本県,鹿児島県,沖縄県,札幌市,盛岡市,仙台市,水戸市,宇都宮市,前橋市,さいたま市,横浜市,金沢市,甲府市,名古屋市,津市,大津市,神戸市,松江市,高松市,松山市,那覇市
企業の広告担当者が知っておくべきデザインの基礎知識

 手作りチラシの作り方


あなたは何のためにチラシを作りますか? 自分の商品を知ってもらうことでしょうか? そうであれば知ってもらうだけで満足できるはずです。でもちがいますよね? 本当は 「お店に来てもらいたい」「商品を買って欲しい」ということのはずです。つまりチラシの本当の目的は、

相手を動かすことです。

相手をその気にさせて行動を起こさせること。これこそがチラシの真の目的です。



自分主体で考えてしまう

チラシの内容を考える際、ここでたいていの人がまちがえてしまうやり方があります。
それは自分主役のチラシを作ってしまうということです。

「美容クリーム」を売るためのチラシを例に挙げます。

   △△美容研究所  脅威の新成分○○配合! ○○○○(商品名)
   成分内容@ ×××, 成分内容A ×××, 成分内容B ×××
   ぜひお買い求めください!!  お問合せは ***-****-****まで

提供側は自分の商品に思い入れがありすぎて、苦労して開発した成分や仕様の部分にばかり目が行ってしまいます。そのことが邪魔をして、一番大事なことが抜けているのです。

仮にこの美容クリームが他社のものと比べて、超画期的で10歳若返る効果があるとします。でもこの書き方では、相手からの興味はキャッチしにくいのです。相手が感心があるのは、その会社やその商品ではなく自分のことなのです。



ブランド力のない商品を売るには?

ブランド力のある商品は商品が主役でも売れます。信用や知名度を勝ち取るために、莫大な広告料を払っています。ですから商品主役のチラシでも、商品の力だけで売ることができるのです。

しかし、広告料に予算をかけられない小さな商店は、大手とは違ったやり方をしなければ、その商品が絶大な効果を生み出す能力があったとしても、商品主役で売る事ができません。



変な例えですが・・・

仮に男性が女性に感心を持ってもらいたいとすれば、どうするのが効果があると思いますか? ブランド力がない商品に例えるので決してイケメンではない男性のケースです。しかし性格はとても良く、相手をHAPPYにできる潜在能力は持っています。

さきほどの売り方で例えると「自分は○○大学出身で○○の資格も持っていて、○○会社に勤めるエリート、年収はXXXX万、だから付き合ってください!」・・・さて、いかがでしょうか・・・?

もし、本気で相手に好かれたいのであれば、相手の話をよく聞いて理解してあげること。親身になって相手の悩みと向き合い、気持ちを楽にさせてくれる人、こんな人は絶対にモテると思いませんか?



軸を意識してください

効果のあるチラシを作るには軸を意識してください。軸とは「相手を動かせるチラシを作る」ことです。
まずデザインのことからではなく企画から取り組むこと。どのようなメッセージにするのか。どうすれば相手を動かせるのかということに意識を集中してください。手作りチラシはシンプルでわかりやすい骨太のメッセージが必要となります。



タイトル

「キャッチコピー」という名のとおり、相手の感心をキャッチするコピー。タイトルこそ、相手の心を掴める言葉が必要です。ではどうやったら相手の心を掴めるコピーが作れるのでしょうか・・・



相手への共感

まず相手に気がついてもらうために、相手がどのように声をかけられたらうれしいのか考えてみましょう。
相手への理解と共感から生まれる言葉を探ります。

  相手の悩み
  相手の願望
  相手の感心ごと


さきほどの「美容クリーム」で考えてみましょう。美容クリームに感心がある人はどんな悩みを抱えているのでしょうか。

ターゲット設定:32歳 平均的な家庭の専業主婦 小学生の子供が1人
 若い頃はまあまあイケていたが最近肌の衰えが気になる。
 子供の授業参観では、自分より若いお母さんに引け目を感じてしまう。
 鏡を見て、かつての輝きを失った自分に愁いてしまう。
 自分に自信がないため、行動したくてもできない。

その結果→自信がなんとなく満足感/充足感の低い日々を送る


商品が提供できる解決索を提示する

では、次にその商品が相手に提供できる解決索を提示し、その商品を使用するとどんな効果があり、相手にどのようなベネフィットを生み出すか考えてみましょう。
相手への解決策を提示する。
解決策の提示オファーをデカデカと
ポイント:特長から導かれるお客間の価値を考える
情報をサポートする内容を提示。

貴方に価値を提供できるので

美容クリームを使用することで肌が10歳若返った
 他の同年代の仲間の中で、美しさが際立っている。
 実年齢より若く見られるので、年下の女性にも引け目を感じない。
 毎日鏡を見るのが楽しい。
 子供にも手が離れるので資格でも取って就職活動しようかと思う。
 何に対しても前向きで行動できるようになる。

 その結果→自信に満ちて、満足感/充足感の高い人生を送る


効果を裏づける情報提示

なぜそのような結果を提供できるのかを裏付けるデータを掲載



行動の手段

行動の手段を示す。
電話をしてもせえませんか?
申込用紙に記入してくれませんか?
来店してもらえませんか?



補足として裏側に

お客様の声、自己プロフィール、オファーの仕方。

SERVICE MENU

パンフレットデザイン ロゴデザイン のぼり・看板
ポスターデザイン キャラクターデザイン 缶バッヂ・ストラップ
封筒デザイン 似顔絵 シール・ステッカー
ショップカード イラストレーション パッケージデザイン
包装紙デザイン 地図作成 写真撮影


この画面のトップへ