事業所概要 クリエーター紹介


ご連絡方法について
お支払いについて
ご発注の際の注意事項
紙の種類について
書体について
よくある質問
印刷物の納期・配送について
ミスプリントの対応について
特定商取引に関する表記
プライバシーポリシー
著作権について
データの譲渡について
事業所概要
クリエーター紹介
DREAM STRATEGY
グラフィックデザイン
WEBデザイン
名刺デザイン
ロゴ・イラスト・地図
看板・のぼり
プロダクトデザイン
印刷
写真
デザインのご用命は全国対応
北海道,青森県,秋田県,岩手県,山形県,宮城県,福島県,新潟県,群馬県,栃木県,茨城県,千葉県,埼玉県,東京都,神奈川県,静岡県,山梨県,長野県,富山県,石川県,福井県,滋賀県,岐阜県,愛知県,三重県,奈良県,和歌山県,大阪府,京都府,兵庫県,岡山県,鳥取県,島根県,広島県,山口県,香川県,徳島県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,大分県,宮崎県,熊本県,鹿児島県,沖縄県,札幌市,盛岡市,仙台市,水戸市,宇都宮市,前橋市,さいたま市,横浜市,金沢市,甲府市,名古屋市,津市,大津市,神戸市,松江市,高松市,松山市,那覇市
企業の広告担当者が知っておくべきデザインの基礎知識

 訴求(アピール)について


心構え


自分でオリジナルのチラシデザインをする方で、内容を構成する際、まず勘違いをしておられる方がよくおられます。それは・・・

このチラシ/パンフレット/ポスターを見る人は

自社(自分のお店)に興味を持っている
自分の考えに興味を持っている
自分の商品に興味を持っている


と思っていることです。チラシ作成の際、自分のお店の名前を一番上に大きく配置する方がよくおられます。お客さんにとっては正直、お店の名前に興味はないのです。
あなたの素晴らしい思いつき、あなたが苦労して開発した商品、「・・・だから?」「自分には関係ないしね」といってバッサリ切り捨てられます。ですから・・・

一度、この考えは捨ててください。

チラシ/パンフレット/ポスターを作るときの心構え

相手は興味を持ってくれない
このチラシはすぐに捨てられる
ということです。


メリハリが重要


チラシ/パンフレット/ポスターを作成する際、内容を説明するためにはいろいろな要素が必要です。もちろんお店の名前や連絡先、内容を少し詳しく解説する説明文などなど、必要な情報を盛り込むために、たくさんの文字が必要になります。

その時に、相手(ターゲツト)が興味のありそうな部分のみ、または説明する上で、重要な部分のみ、
メリハリをつけてものすごく大きく目立つようなレイアウトをします。

真剣に見る気もない人でも、大きい文字は無意識に読んでしまいます。
また視覚のみで伝わるようイラストや写真も重要です。つまり、

パッと見た目で何が伝えたいのかすぐにわかるという事です。


相手が興味のあることを先読みする


次に大きく表示するコンテンツを何にするかということです。ここでは
相手にとってメリットがあること
相手にとって興味があること

を最優先に考えます。

そこに行く事にことによって何が得られるのか、それは相手にとってどのような利点をもたらすのか、体験するとどんな良い効果が得られるのか、など、ターゲットを想定し、その方が好む状態を予測し、その状態をタイトルなど盛り込みます。

例えば、シュークリームを売ると想定します。キャッチコピーを考えてみましょう。

ダメな例:○×店のおいしいシュークリーム こだわりの○×卵使用 1個250円

良い例:パティシエこだわり○×卵使用、今,OLさんに大人気、ふわふわ生クリームとトロトロのカスタード、極上のひとときをあなたに! ○×店で販売中! 1個250円

「今OLさんに人気」の部分は大衆心理をくすぐる戦略です。多くの人は右に習えをする習慣があります。他の人と同じ行動をすると落ち着くからです。
「OLさん」というのはターゲツトを絞ってます。ターゲツトは絞った方が、より刺さりやすくなります。もちろん専業主婦やオジサマたちだって、OLが興味を持っているという商品に興味をそそられます。
「ターゲツトを絞るとその人しか来ないのでは?」と心配されると思いますが、絞ることは、より効果を生み出すのでご心配なく。
「ふわふわ生クリームとトロトロのカスタード」は、食べるとどんな感じなのか説明しています。

SERVICE MENU

パンフレットデザイン ロゴデザイン のぼり・看板
ポスターデザイン キャラクターデザイン 缶バッヂ・ストラップ
封筒デザイン 似顔絵 シール・ステッカー
ショップカード イラストレーション パッケージデザイン
包装紙デザイン 地図作成 写真撮影


この画面のトップへ