事業所概要 クリエーター紹介






朴な疑問にお答えします    このような疑問をお持ちの方へ…………………
自分のプロモーションにはどんな媒体
  (ツール)が向いてるの?
そもそも、デザインってどうやって作るの?
自分は販促ツールやデザインのことを
  知らないけど大丈夫?
ブランディングって何? 効果的な売り方は?


ザイン相談会の特徴について
デザイン製作に関する疑問から、広告戦略、集客UP、クリエイティブ改善についてご説明させていただきます。また個人.商品.サービスをより「売りやすく」するために、ブランディング、ターゲット設定、ストロングポイントの洗い出しの考え方を説明します。


ぜ無料相談会なのか?
「デザインはどこで作っても同じ」「どうせなら安いところに頼みたい」「知り合いにデザイナーさんがいて頼みやすいからそこで作ってもらう」と、安易な理由で決めていませんか? デザイン、キャッチコピーの表現一つで、集客アップに影響します。この相談会ではデザイン全般についてと、効果を高める切り口を作るための考え方についてお話させていただきます。



Q:相談会を受けると必ず何か仕事を発注しないといけないの?      

 A: 原則、当事業所にて製作を検討されている方を対象としていますが、
   必ずしもこの場でデザイン作成発注を決定する必要はございません。
   (無理に勧めることもございませんのでご安心ください)
   情報収集をした後、一度情報を持ち帰り、ご検討ください。
   また、将来的に作成する予定がありどのように作るのか知りたい方、歓迎します。



ザイン相談員について
川田和美/ドリームストラテジー/代表・デザイナー・イラストレーター
当事業所は直請けにこだわっています。当然、起業当初は「仕事を取る」ことにたいへん苦労しました。どのようにアピールすればよいのか、仕事につながる導線をどのように設計すればよいのか、ということを常に考え、試行錯誤を繰り返しました。その経験を活かし、相談者様の立場になったアドバイスを行います。ぜひお気軽にご相談下さい。



自分の商品の売り方の切り口をアドバイスして欲しい

ターゲット設定を一緒に考えて欲しい

自分に合った販促ツールを知りたい

ブランディングを一緒に考えて欲しい。


促ツールデザイン相談会の流れ
@ 下部連絡先にご連絡ください。
A お電話にて簡単に現状と問題点をお聞きします。
B 相談会のお日にちを決定します。
C 当日ご相談を承り、可能なアドバイスをご提案します。(60分)

この画面のトップへ


ご用意いただくもの

● 過去に作成された印刷物
● こういったものを作りたいという具体例がある場合は資料をお持ちください。
● 起業予定・起業直後の方は、"想い"をお聞かせください。


ご相談の内容

ヒアリング

まず現状をお聞きします。開業年数、サービス内容、現状の集客方法、どのようなお客様にご利用いただいているか。現在かかえている問題点、今後どのように展開したいのか、などをお聞きします。

ターゲット設定

販促ツールを作成するには「何を?」「誰に?」売るのかを明確にする必要があります。商品の特性、現状と強みから「誰に?」売るのかを探っていきます。

強み(ウリ)の洗い出し

あなた/またはあなたの商品・サービスを効果的に売るためには、刺さる切り口がある方が訴求力が高まります。商品の特徴から他社のものと差別化できる切り口を探っていきます。

ツールの具体的な作り方

自身の商品を売るにはどのツールが適しているのか、またどのような方法で情報を広めていくのかを考えていきます。

※ご相談の内容はお話をお聞きしながら、ご本人のご希望を考慮し、優先順位を決めて進めて参ります。
 テーマはいろいろ設定できますが、実際のご相談時間は60分とさせていただきます。
 延長ご希望の場合は有料(10分1000円)。ただし販促ツール(チラシ.名刺.ホームページ等)製作を発注される場合は、
 製作のお打合せの中で、ご相談を交えながらお話を進めさせていただきます。


この画面のトップへ

促ツールデザインについて(参考)

↑デザイン・マーケティング・媒体製作の面から、御社の価値創造・セールスプロモーションのお手伝いをしております。各媒体をまとめてみましたのでご参考にご覧ください。



*このような方はご遠慮ください*

●自分では考えずに丸投げしようと思っておられる方
●販促ツール(チラシ.パンフレット.ホームページ.名刺等)製作の予定がない方
●他の業者にも相談中の方 ●代理の方 ●同業者の方



後に
悩んでいても先には進みません。まずは「知る」ことが大切です。
ぜひお気軽にご相談ください。
何ができるかを一緒に考えていきましょう!!

あなたのお力になれれば幸いです。


この画面のトップへ


ご連絡はお電話.フォーム.メール.ラインのいずれでも可。
メール.ラインの方はフォームの内容に記載している質問事項をお書きいただきご連絡ください。






この画面のトップへ