事業所概要 クリエーター紹介



製作に関するお問合せ
ご連絡方法について
お支払いについて
特定商取引に関する表記
プライバシーポリシー
著作権について
事業所概要
クリエーター紹介
ドリームストラテジー
グラフィックデザイン
WEBデザイン
名刺デザイン
ロゴ・イラスト・地図
看板・のぼり
プロダクトデザイン
印刷
写真
コピーライティング

 コピーライティング作成します。


キャッチコピー・要点まとめ・
セールスライティング承ります。

宣伝、広告媒体にとって重要なコピーライティング、
成果を生むためには表現がカギとなります。

ドリームストラテジーでは長年培ったライティングで
お客様の目的に合ったコンテンツを提案します。


チラシ・ホームページ・パンフレット・名刺などのキャッチコピー・見出し・ポイントのまとめ・購買に結び付けるセールスライティング・キラーコピー など。

できないこと:商品のネーミング・コンテンツライティング(専門的な内容を説明する文章)



 お勧めできる根拠

お客様・利用者目線ができる。ヒアリングの際、業務請負者というよりも、あなたの商品を検討するお客様目線になってお話を聞いています。目的はあなたのお客様(ターゲット)の心を捉えることですから、ターゲットが興味を持ち、メリットを感じ、価格に納得し、不解・不安・不便を解消することが重要です。ターゲットが購買に至らない原因となる障害をカットするコンテンツを提供します。



 デザイン+ライティングのメリット

ワンストップ(1か所で完結)なのでコストカットができる。
デザインとライティングが一括してできるのでデザインとの絡みが円滑にできる。



 どのように依頼したらいい?

基本的にはチラシやパンフレットデザイン製作に付随する業務としてお請けいたします。製作料金については各製作物についてのページをご覧ください。ライティング単体でご依頼の方はご相談ください。



 デザイナーなのになぜライティング?

デザイナーなのにどうしてライティングなの?と思われるかもしれません。一般的にデザイナーはビジュアルワーク(視覚的なデザイン作業)を専門とします。コピーライターになるためには学校や資格は必要ありません。誰でもなれる職業です。とはいえそれで対価をいただくとなると、そう簡単なことではありません。どうして私が文書作成ができるのか今までの経緯を簡単にお話します。


漫画のストーリー作成 〜想像力が世界観を創る〜

小学校のころから漫画家になるつもりでスキルを磨いておりました。視覚的なデザイン・作画などのビジュアルワークは絵心があればできることなのですが、ストーリーや言葉を考える作業は、想像力が豊かでないとできない部分なのです。想像というよりは妄想に近いかもしれません。目の前でその状況が起こっているかのようなリアリティのある想像力があれば、より説得力のある文書表現が容易ににります。残念ながら漫画家にはなりませんでしたが(笑)現在、この想像力が、依頼者の立場とそのターゲットの立場を想像しながらのライティングに役立っています。


劇団(役者)時代の経験 〜言葉の重み〜

その人になりきるという意味では、役者経験も同じことです。私は以前、通算10年演劇をしており、言葉の大事さを体感。セリフを覚え、自身で言葉を表現していました。パフォーマンスも大事ですが、言葉がカギを握っていることは明らかです。言葉(セリフ)が持つ魔法の力を舞台上で感じることができました。もちろん、その瞬間々ある人格や感情を故意に表現するパフォーマーでした。


チラシなどのセールスライティング

デザイン業務に携わり、多くの方は文書も含めてのデザインと思われている方が多いという現実を知りました。一般の方々は、ライティングのプロではありません。自身の商品には強い思い入れがありますが、それを文書で表現するのはほとんどの方が苦手です。デザインは素材が揃わないと完成しません。言葉は素材の重要な一部です。業務を通して自然に作成する流れになりました。


マーケティングの勉強

デザイン業務を続けるうえで、また本当の意味でお客様にお役に立つには、ライティング・マーケティングの知識は避けられない分野です。自営の業務が軌道に乗り、安定してきた2015年頃から本格的にマーケティングに向き合うようになりました。私が関わる文書作成は基本的にはモノを売るという明確な目的があります。ただ読んで楽しいという娯楽目的ではありません。モノが売れるためには、心理学とかお客様目線が大事になります。これには専門書を読んでマーケティングについての基本的な知識を持つことが必須です。勉強するにつれマーケティングの魅力に引き込まれました。これさえ知っていればどこででも生きていけるという自信さえ持てるようになりました。


学んだことを業務に活かし…

今現在、企画(白紙の状態)からおまかせいただける案件が増えております。知らない分野、何の知識もない私ですが、今までの経験から総合的に考え、文書作成ができるようになりました。


逆に専門知識がないことが強み

専門知識がないまま、その分野に取り組むわけですが、逆にその分野の素人であることが重要であることがわかってきました。つまり自分のような何も知らない人を、要点を掴みつつわかりやすく説明できるということが重要なのです。


人を感動させるのが好き

子供のころから漫画家を目指したのも、大人になって役者にのめりこんだのも、根本は人を感動させたいという単純な欲求を満たすためだったのだと思います。今現在、デザイン・ライティングによって多少なりとも人に影響を与えています。たいへんと言えばたいへんな仕事なのですが、「やりがい」という言葉を超えた満足感を感じながら仕事に従事しております。結局漫画家にも役者にもならなかったのですが、今現在、自分の夢を叶えたと思っています。自分の製作物で人を感じさせ、動かすことができる仕事に従事していることに誇りを感じています。


次に夢を叶えるのはあなた






この画面のトップへ