写真
事業所概要 クリエーター紹介
写真原稿・写真加工・イメージ


製作に関するお問合せ
写真の位置づけ
画像調整
画像加工
写真合成
特殊イメージ
イメージ画像購入
無料イメージ
ご連絡方法について
お支払いについて
特定商取引に関する表記
プライバシーポリシー
著作権について
データの譲渡について
事業所概要
クリエーター紹介
ドリームストラテジー
グラフィックデザイン
WEBデザイン
名刺デザイン
ロゴ・イラスト・地図
看板・のぼり
プロダクトデザイン
印刷
写真
デザインのご用命は全国対応
北海道,青森県,秋田県,岩手県,山形県,宮城県,福島県,新潟県,群馬県,栃木県,茨城県,千葉県,埼玉県,東京都,神奈川県,静岡県,山梨県,長野県,富山県,石川県,福井県,滋賀県,岐阜県,愛知県,三重県,奈良県,和歌山県,大阪府,京都府,兵庫県,岡山県,鳥取県,島根県,広島県,山口県,香川県,徳島県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,大分県,宮崎県,熊本県,鹿児島県,沖縄県,札幌市,盛岡市,仙台市,水戸市,宇都宮市,前橋市,さいたま市,横浜市,金沢市,甲府市,名古屋市,津市,大津市,神戸市,松江市,高松市,松山市,那覇市
写真原稿・写真加工・イメージ

 写真の取扱について

印刷物・ホームページ等の媒体に写真やイラスを入れるのは当たり前になっています。世の中には自社や商品の宣伝のための媒体が溢れ、写真やイラストは当たり前のように存在します。しかしそれが日常的になっているからこそ、その価値がいかほどのものか認識されていない方が多くいらっしゃいます。携帯撮影やデジカメで気軽に撮れる写真、確かに、写真そのものは、タダ同然です。

しかし、いざチラシ・パンフレット・ホームページの写真となると、タダとはいかないのはなんとなくご理解いただけているのではないかと思います。
なぜ良い写真が必要なのか?

チラシやパンフレットの目的は、事実をそのまま(日常的な雰囲気・構図で)伝えることではなく、そのモノの持つ魅力を伝えること、したがって良い部分を最大限に惹き立てて、「見せる」ことが求められます。
人間だって化粧や表情、服装で変るように、写真も撮り方やカメラ・レンズの性能で大きく変ってきます。

広告媒体における写真の位置づけ

広告で一番大事なのはキャッチコピーです。まず、その人の心をキャッチしなければ、広告そのものに興味を持ってくれません。またキャッチしたコピーを裏付ける説明文なども必要です。

そして写真です。モノである商品を売る場合、説明をずらずらと文字にするよりも、写真1枚あれば、すべてを物語ってくれます。

レストランなどの店舗、空間、場所を売る場合、どんな説明文よりも写真が大事です。

また、人の顔も重要な要素になります。この物が溢れかえり、不景気風の吹くご時勢、人々は物の充足よりも、心の充足の方を大事に考えています。顔を出すことにより「この人から買う」というストーリーが商品に付加価値を生み出します。

 写真レタッチについて

例えばリンゴを撮影したとします。
実物が鮮やかな赤であれば、それなりに写るはずですが、撮影して見ると、なかなか美味しそうに撮れない、という体験をした事はございませんか?

デジカメで普通に撮影したものは実物よりもくすんで見えます。
これは実際に見た被写体はもっとあざやかだったと脳が記憶するためです。

そのため、撮影された被写体を鮮やかに表現するために「レタッチ」が必要になります。

印刷物ではイメージの力が重要となります。
より魅力的に見せるため、できるだけ美しく調整する必要があります。

鮮やかさ調整以外に
画素数調整や輝度調整、ゴミの除去など


この画面のトップへ




この画面のトップへ