チラシ,パンフレット製作のドリームストラテジー
ドリームストラテジー
事業所概要 クリエーター紹介
TOPPAGE

チラシ,パンフレット,ロゴデザイン,看板,横断幕製作のドリームストラテジー

SIGNAGE 看板・幕
横断幕、看板、キッチンカー用看板幕、応援幕、建築現場広告シート等。企画、デザイン、印刷(布/プレート看板に限る)致します。店舗の外観に合わせたコーディネートデザインや、ブランディングを考慮したデザイン、集客効果、イメージアップなどをトータルで考えデザインをご提案します。

キッチンカー 看板 デザイン 横断幕デザイン 応援幕デザイン

看板デザイン



CARD 名刺・ショップカード
名刺・ショップカードのデザイン・印刷
ロゴデザイン



GRAPHIC 紙媒体
チラシ、パンフレット、ポスター、封筒、包装紙など、印刷物のデザインを企画から印刷まで承ります。起業の営業ツールとしてチラシ、パンフレット、ポスターは、お客様の目的に合ったデザイン・コンテンツをご提案します。

チラシデザイン パンフレットデザイン ポスターデザイン

封筒デザイン ロゴデザイン



NIGAOE 似顔絵.キャラクター
人物手書き似顔絵(ウエルカムボード.贈り物に)。名刺用2頭身似顔絵の製作、キャラクターデザイン

ロゴデザイン



LOGO.Illust ロゴ.イラスト
ロゴ、イラスト単体のご注文承ります。



PRODUCT プロダクト製作
缶バッチ・ステッカーデザイン・印刷
ロゴデザイン



GOODS 「毎日うどん」
ストラップ・ステッカー・缶バッヂ・はんこ等の製造・販売
ロゴデザイン




香川県高松市のデザイン事務所です。グラフィックデザイン・看板デザイン等の事業を展開しております。
お客の本当の目的(集客/イメージアップ/ブランディング)に添えるように、また、
デザイン作成が初めての方も安心してご依頼ができるよう、わかりやすい説明を心がけております。
>詳しくはこちら



この画面のトップへ


BRANDING ブランディングサポート
あなたの販促をもっと楽にする、選ばれる人になるためのブランディングのご提案です。

お客様はあなたの背後に何を見ているのか? あなたから買う理由は何ですか? あなたのお客様はどんな人?




DREAM STRATEGY が選ばれるわけ





この画面のトップへ


CREATOR クリエーターのご紹介
クリエーター紹介



はじめまして、ドリームストラテジーの川田和美と申します。
"美しいものを創る"、"お客様の望むものを創る"ということを心がけています。
販促物を作成したけどいまいち反応が得られないという方へ。
ドリームストラテジーでは、お客様と相談し、
独自のノウハウを組合せながら、ターゲツトから得たい反応を想定し、
効果的なデザインをご提案いたします。



女性の目線で作るデザインの強み
生活に関わる商品を展開しようとしたとき、その購買者の多くが女性になります。メインターゲットである女性の心を掴めるか否かが、業績の鍵を握っていると言っても過言ではないでしょう。女性は男性より感性が豊かなことは確かです。何気ない物事や平凡な日常の中からステキなことを発見するのが得意です。豊かで、楽しく、かわいい、そんなデザインが女性の心を掴みます。



経営者さまの良きサポーターになること
どちらかと言うとデザイン業界よりも異業種に対しての理解の方が強いです。起業してからは、ほとんど異業種の方との交流ばかりしておりました。お客様である経営者さんたちが何を考え、何のために行動しているかを理解するためです。「何を欲しがっているか(どういう結果が望みなのか)」という視点から「デザインで何を実現できるのか?」と考えて行動しています。私は、企業様にとってのデザイン担当、デザイン部門のサポーターという位置づけと考えています。



感動を創造すること
子供の頃、いろいろな夢を描くのが好きでした。"夢を形にしたい"・・・しかし少女時代の私ににできることは絵の技術を磨くことくらいでした。小学校低学年の頃からイラストをたくさん描いていました。

大人になって少し社会勉強を、と思い、気軽に門を叩いたミュージカル劇団、スタッフ希望でしたがいきなり役者、しかも東京公演のオマケつき。あっと言う間に舞台に魅せられ、のめりこんでしまいました。その後通算10年ほど劇団に所属し、数々の舞台に立ちました。今思えば、そもそも私の目的は「人を感動させること」なのです。手段はなんだって良かったのです。

そして現在、デザインを生業とさせていただいております。"デザイン"という技術を駆使し、世に発信し、お客様と感動をわかちあい,楽しさ,豊かさを創造する事,それが私の使命と考えております。









この画面のトップへ