事業所概要 クリエーター紹介


ビジネス.広告用似顔絵作成

 ご用意いただくもの

似顔絵の元となる顔写真
お打ち合わせの際、ご本人がおいでの際は、一眼レフカメラにて撮影が可能です。

ご自身でご用意される場合はデジカメで撮影していただくようお願いいたします。
ケータイ画像はご遠慮ください。ただし最近は機種によりキレイに
撮れるものもございますので画質確認のため、一度画像をお送りください。

ご自身でご用意いただく場合、以下のパターンをお願いいたします。髪型を含めての似顔絵ですので髪型のアレンジはできません。あらかじめ描いてほしい髪型で撮影をお願いします。




ご本人のお顔が画像の面積の20%以上あるものをご用意ください。
明るい場所で、詳細がハッキリと見えるものをお願いいたします。
また真正面からの撮影をお願い致します。


お顔は2メートル以上離れてズームで撮影してください
(近いとお顔が歪んで写ります)

カメラから近い位置で撮影しますと、顔の中心が膨張して写り、
耳や髪が正しく写らないことがございます。
必ずレンズからの距離を離してください。
輪郭や髪型は写真そのまま描きますので、
正しく写っている画像をご用意ください。

側面や上部からの強い光(日光など)が当たらないようにお願いします。
影が強すぎる場合、着色時に影そのものを描かなければ表現が
できなくなります。(やわらかい表現ができなくなります)描画が
複雑になるため、横からの照射写真は避けるようにお願い致します。


まゆげが見えているものを1枚 (真正面)

前髪が垂れている方でも、隠れている眉毛を描いていきますので、
まゆげが見えている写真をご用意ください。


目を大きく開けているものを1枚 (真正面)

似顔絵は良い状態のものを選んで描写します。
目がしっかり開いているものも参考にします。


口元が歯を見せて笑っているものを1枚

(笑顔の似顔絵でなくても良い方は結構です。)
口の形や頬の肉のシワなどを参考にします。


下方向から見上げたものを1枚

アゴの周辺がどうなっているのか参考にします。
肉付きや骨格を推測します。


上方向から見下ろしたものを1枚

頭頂部の髪型がどうなっているのか参考にします。
頬のラインがどのようになっていか参考にします。


斜め横からのものを1枚

右側・左側両方お願いします。お顔の立体感を参考にします。
サイドの髪がどうなっているのか参考にします。


上記パターン写真をご用意いただけない場合、お断りする場合がございます。
写真のとおりに作成しますので「本人とのイメージにギャップがある」等の
感覚的な修正はお受けできません

ケータイ画像や荒い画像など、判別しづらい場合はお断りすることがございます。


ポーズ
ポーズについては1パターンのみです。あらかじめ決めてください。
デザインラフの段階で一度ご確認いただきます。

お洋服・靴
お洋服や靴のお写真を別途ご用意ください。おまかせの場合、
予めご希望をお聞きしますが製作後の修正・変更はできませんのでご了承ください。

オプション
手に持つオプションのお写真、または参考画像をご用意ください。
※オプションは別途料金にてお受けしております。


この画面のトップへ