事業所概要 クリエーター紹介


似顔絵デザイン

 ご発注から納品までの流れ

まずはお問合せください
画面最下部のフォームか、メール、またはお電話でお問合せください。
お打ち合わせ
原稿である顔写真をご用意ください。ご本人がお越しの場合、顔写真を撮らせていただきます。
お見積
ご要望内容からお見積を作成させていただきます。
荒いラフを作成します
荒いラフを作成します。どういった要素が入るのか、形状やポーズ、全体のバランスをご確認いただきます。
この段階でポーズや持ち物、顔の向き、体のバランスなどのご指示をお願い致します。
修正1回のみ:指示内容は1回にまとめてください。
ご指示のご希望に添えていない場合のみ追加修正いたします。
指示の仕方について:(上のイラストで説明します)最初の指示「耳をまっすぐ・胸に文字を入れる」というご指示をいただいた後に「胸の文字の内容を別の文字に変える・ズボンをスカートにする」というご指示をいただくと、修正作業が最低2回かかります。最初に全てまとめていただければ問題はないのですが、後から修正が増えるようなご指示はご遠慮ください。
ラフ修正
ポーズの変更、文字の追加等の修正が加わりました。
この段階のものもご確認いただきます。
修正1回のみ:指示内容は1回にまとめてください。
ご指示のご希望に添えていない場合のみ追加修正いたします。
最終お見積・請求書
ラフが決定しましたら、最終お見積・請求書をお送りします。
製作料ご入金確認後、ラフ仕上げ・ベクトルデータ作成・色着け、仕上げに入ります。
ラフ描き込み
荒いラフがOKになり、ご入金が確認できましたら、細かい部分に入ります。顔のディティールや線の曲がり具合等の修正をお受けいたします。
修正1回のみ:指示内容は1回にまとめてください。
ご指示のご希望に添えていない場合のみ追加修正いたします。
(この段階での大幅な修正はご遠慮ください。)
下書き仕上げ
ラフがOKになりましたら、本描き用に、線を単純化したものを作成します。こちらもご確認いただきます。微修正を承ります。
修正1回のみ:指示内容は1回にまとめてください。
ご指示のご希望に添えていない場合のみ追加修正いたします。
ベクトル線作成
ベクトル線の作成します。手書き線をデジタル線に起こします。線の太さ・各パーツの拡大縮小や移動が可能です。
(この段階で線の形状が大幅に変わる修正はご遠慮ください。)
修正1回のみ:指示内容は1回にまとめてください。
ご指示のご希望に添えていない場合のみ追加修正いたします。
着色
着色します。色の修正を承ります。
修正1回のみ:指示内容は1回にまとめてください。ご指示のご希望に添えていない場合のみ追加修正いたします。
納品
ご希望形式のデータを納品いたします。※基本、背景が透明のPNG形式で作成します。背景が透明なので印刷物デザイン原稿としても使え、印刷やWord Exel使用にも適した画像形式です。






この画面のトップへ




この画面のトップへ