名刺デザイン
事業所概要 クリエーター紹介


製作に関するお問合せ
ご連絡方法について
お支払いについて
ご発注の際の注意事項
紙の種類について
書体について
よくある質問
印刷物の納期・配送について
ミスプリントの対応について
特定商取引に関する表記
プライバシーポリシー
著作権について
データの譲渡について
事業所概要
クリエーター紹介
ドリームストラテジー
グラフィックデザイン
WEBデザイン
名刺デザイン
ロゴ・イラスト・地図
看板・のぼり
プロダクトデザイン
印刷
写真
デザインのご用命は全国対応
北海道,青森県,秋田県,岩手県,山形県,宮城県,福島県,新潟県,群馬県,栃木県,茨城県,千葉県,埼玉県,東京都,神奈川県,静岡県,山梨県,長野県,富山県,石川県,福井県,滋賀県,岐阜県,愛知県,三重県,奈良県,和歌山県,大阪府,京都府,兵庫県,岡山県,鳥取県,島根県,広島県,山口県,香川県,徳島県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,大分県,宮崎県,熊本県,鹿児島県,沖縄県,札幌市,盛岡市,仙台市,水戸市,宇都宮市,前橋市,さいたま市,横浜市,金沢市,甲府市,名古屋市,津市,大津市,神戸市,松江市,高松市,松山市,那覇市
名刺デザイン

 名刺作成するにあたって思うこと

名刺は相手に印象に残すことが大事

私自身たくさんの人に会い、たくさん名刺をいただいております。実際あった話ですが、一度、名刺交換をした方と再度お会いすることがあります。バタバタしている名刺交換会では、ただ名刺交換だけして5秒くらいしかお話できない、なんてシーンもよくあることです。あとで名刺整理をしたとき「あれ、これこの間も貰ってた☆」と気がつくことがたまにあります。その方とは5秒ほどしか話をしなくても、名刺は持って帰りとりあえずホルダーに整理。その際、数秒間名刺を見ることになります。名刺が印象に残るようなデザインであればこの時記憶に刻まれます。よくある文字・ロゴのみの名刺であればほとんど記憶に残ることはありません。顔は覚えられなくても名刺のデザインを覚えていれば、再度名刺交換をしたときに「あれ?以前お会いした事がありますね?」という話になります。


名刺で話題提供を

名刺交換をするのは書対面の人になります。名刺交換の目的は新しい人脈を作ることにあります。しかし初対面、何を話したらよいのか、お互いの共通点は?相手の趣味は?話のとっかかりがなければ、時に沈黙が続くことがあります。二人の手にあるのはお互いの名刺、そこに話題を膨らませる要素があれば話がスムーズに進みます。


相手の心を掴む人

売れる営業マンに必要なこと、それは相手の信頼を得ることです。信頼を得るためには何が必要なのでしょうか?それは相手の話を聞くことです。相手を理解しようとする姿勢を見せることです。相手の話をじっくり聞き、お客様の不満や不安を解消できる解決策を、プロとしてアドバイスする。名刺交換の際は、あまり時間に余裕がありません。相手の話を聞くことに専念する必要がありますが、自分のこともさりげなくアピールする必要があります。限られた時間を最大限に活用するためには、名刺の力を利用することをオススメします。名刺にしっかりと自分の伝えたいことが書けていれば、自分を信頼してくれた相手は、その名刺から、あなたを知ろろうと興味を持ってくれます。あなたがどんなサービスを提供しているのか、ちゃんと表現できていますか?


名刺製作費用の相場

名刺はビジネスに欠かせないツールです。そして消耗品であることから、ランニングコストも考えて発注すべきでしょう。フォーマットに流し込みだけの簡単な名刺であれば、印刷費込みで3000円程度から。しかし、他と差別化でき、自分の思ったとおりのデザインが欲しい場合、印刷費+デザイン費が必要となります。デザイン料金は、シンプルなものであれば3000円〜フリーランスのデザイナーに依頼するとすればデザイン料30000円が相場だそうです。


名刺裏を活用しましょう!

あなたの今お使いの名刺の裏はどのようになっていますか?業務内容を書いている? それとも真っ白ですか?
名刺交換時に何をしているのかちゃんと伝えることができていればいいのですが、あわただしい名刺交換、雑談ばかりで自分の業務について印象づけることはなかなかです。もしも、裏に業務内容を書いていなければ後で見てくださる可能性があります。また、口でお伝えしても、意外に忘れてしまうもの。文字でしっかり書きこんであれば、後で確認することもできます。


この画面のトップへ




この画面のトップへ