事業所概要 クリエーター紹介 ブログ
チラシ パンフレット ポスター 封筒 イベントチラシ チケット パッケージ 包装紙 資料製作 新聞 広告 ショップカード


チラシデザイン

 サービス別コンテンツ作成対策ポイント

人材募集チラシ たくさんの応募を獲得し、良い人材を採りたい経営者様向け サービス別コンテンツ作成対策ポイント

応募者のメリット(魅力)部分をタイトルに
目的は人材募集。普通は「○○会社、スタッフ募集」がタイトルになります。できればこの文字はサブタイトルくらいに留め、大きな見出し、キャッチコピーは、その職場の魅力、応募者が魅力に感じるポイントをタイトルにしてください。

スタッフさんの顔
その職場がどんな雰囲気なのかということが気になるところです。そこで既に働くスタッフの顔をできるだけ載せた方が良いです。応募者に、情報と選択肢をできるだけ提供しましょう。

オフィス・社屋の写真
どのような建物なのかも気になります。社屋外観やオフィスの雰囲気など、写真を掲載します。

先輩の声
既に勤務している先輩方にどのような方がおられるのか、どのようなことを考え、感じているのか記載します。自分がそこに就職した場合の未来像として、イメージできるからです。

経営者の顔
経営者(管理職)の顔も欲しいところです。自分の上司となる方がどんな方なのか、気になる要因です。

経営者が望む人材像
良い人材が欲しいのであれば、どのような人が欲しいのか明記しましょう。優秀な人は向上心があるので、なんでもアリの職場より、理想を掲げる職場の方が魅力に感じます。

最後に客観的目線でチェック
最後に客観的目線で全体を見直してみてください。実際に自分が応募者になったつもりで、検討する目線になってください。難しいのであれば、誰か親しい方にアドバイスをお願いしてください。「これ、応募してみようかな・・・」と検討し始めたとき、判断材料を探しに行くはずです。そんな目線になったきに気が付く点があるはずです

・何か引っかかることはないですか?
・情報は足りていますか?
・信憑性はありますか?
・具体的にはどうなるのですか?

ポイントまとめ:現場の雰囲気を見せる・感情に訴えるキャッチコピー・先輩の声・社屋外観・オフィスの写真・一緒に働くスタッフさんの写真・経営者様の望む人材の条件・メリット・経営者さんの顔・何業かがすぐにわかること・ポイントの小見出しをわかりやすく読みやすくする



 製作実績のご紹介





この画面のトップへ