事業所概要 クリエーター紹介 ブログ
チラシ パンフレット ポスター 封筒 イベントチラシ チケット パッケージ 包装紙 資料製作 新聞 広告 ショップカード


チラシデザイン

 サービス別コンテンツ作成対策ポイント

店舗集客チラシ 集客したい店舗・ショップのオーナー様向けサービス別コンテンツ作成対策ポイント

ターゲットの絞り込み
店舗ではいろいろな商品を扱っておりますが、チラシを作るにあたってターゲットの絞込みが必要になります。あれやこれや、たんさんの商品を載せるのではなく、ほんの一握りのお客様に絞り、お客様のお悩みにお応えできる店舗の商品を(できれば)1点のみを掲載します。

なぜターゲットの絞り込みが必要なのか?
情報が氾濫している世の中、人々は自分に合った優良な情報を効率よく入手したいと思っています。その方が置かれている状況によって感心事はさまざまです。ターゲットを絞ることによって、その方の悩みが明確になり、心を捉えやすくなるのです。



メリットが伝わるキャッチコピー
その商品・サービスを使うと(受けると)どうなるか、どのような良い結果が得られるのか、メリットが伝わるキャッチコピーにします。

お客様のお悩み
チラシにターゲツトとなるお客様のお悩みを明記します。今、感心があること、今悩んでいること。想像力を駆使して、お客様が悩んでいることを文書化します。
お悩み=お客様の一番の感心事…
人が行動する理由、それを欲しい!と思う理由の根本的な考え方は
この2つのみです。
●今の痛み(悩み)を解消したい
●もっと快適になりたい(快楽を得たい)

新しい事を始めたり、知らない商品を思い切って買ってしまう…そのきっかけの理由を理解した上で、チラシの構成を考えることが重要です。

キーメッセージ
タイトル以外の部分に、お客様の購買意欲を後押しできるキーメッセージをいれます。
商品の魅力やメリットの部分です。

販売している人の顔
売る人自身も差別化の1つとなります。もしも、同じような商品があったとすると、情報開示の多い方が安心できますので、最終的に選ばれるようになります。
特に、直接お客様と接触する職業(セラピスト・美容師・アドバイザーなど)は売る人が出ていることが重要になります。
顔写真・特長や想いなどの挨拶文や個性を感じる紹介文など。

最後に客観的目線でチェック
最後に客観的目線で全体を見直してみてください。実際に自分がお客様になったつもりで、そのサービスを実際に受けるか検討する目線になってください。難しいのであれば、誰か親しい方にアドバイスをお願いしてください。「これ、やってみようかな・・・」と検討し始めたとき、判断材料を探しに行くはずです。そんな目線になったきに気が付く点があるはずです

・何か引っかかることはないですか?
・情報は足りていますか?
・信憑性はありますか?
・具体的にはどうなるのですか?

ポイントまとめ:ターゲットを明記している・パッと見た目で何を売っているのかがわかる・感動して思わず口にしてしまったお客様の生の声を入れる・実績や成果を掲載・実際の内容・ターゲットや商品イメージに合わせた色使い・店舗の雰囲気・売る人の顔、スタッフさんの顔・連絡先をわかりやすく



 製作実績のご紹介





この画面のトップへ