事業所概要 クリエーター紹介

クリエーター紹介




名前 川田和美
仕事 イラストレーター
グラフィックデザイナー
WEBデザイナー
趣味 ドライブ:毎週末お出かけします。
主に四国の山の中へ行きます。
滝巡り・秘境めぐりが好きです。
自然の中に戻り感性を洗濯する感じです。
写真撮影:お出かけする時は自慢のカメラを持っていきます。素晴らしい風景をカメラに納めるのが楽しいです。
いろいろな会に出掛けていろんな人と会い、いろいろな人の考えに触れ、
また生きることに対する姿勢や経営のヒントを貰っています。私の周りには常に前向きで賢く、
良いアドバイスをくださる方がたくさんおられます。とてもしあわせな環境に感謝しています。
仕事場環境 自宅は田んぼに囲まれた自然豊かな場所に立つ一軒家、その2階が仕事部屋、
3方向広い窓のある天空オフィスです。
まわりに家がないので、静かで空気が良く、落ち着く環境です。



 私が提供できる価値

クライアントの目的や期待する効果にフォーカスし
成果のでるデザインのご提案をいたします


この人は何をしたいんだろう?
私は人と出会ったとき、相手のWANTSを見る癖があります。
この癖はありとあらゆるシーンで無意識にその部分にフォーカスします。

「なぜそれを欲しいと思ったんだろう?」
「何が目的でここに来たんだろう?」


人が行動を起こすとき、必ず目的があります。
決して職業病とかではなく、純粋な興味で人の行動の動機に興味を持ってしまうのです。

そんな訳で仕事となるとなおさらお客様の本質的なWANTSの部分に着目します。

「この人がこれを作りたいと思う本当の理由は何か?」

お客様の望んでいるものは何なのか?を考え
ご希望の状況(結果)を創り出したいと考えています



 本質的には「人を楽しませたい」と純粋に思っている

「オーラの色は緑色ですね」

(こういう話を信じない方は読み飛ばしてください)ある、霊能者の方に言われたことです。

緑色というのは癒しの色で、調和を求める平和主義の性格を持っています。

(ここからは私用にアレンジしているかもしれません)
また「人を楽しませるのが好き」な性質を持ちサービス精神が豊かです、と言われました。

サービス精神、と聞いて疑問を感じました。
確かに普段、気を使ってはいますが、決して周りを笑わせるタイプの人間ではないと感じていたからです。

しかし、言われてみれば、仕事をしているときは、常にお客様、またお客様のお客様のことを考えています。



 略歴

10代 漫画家になることを決意し、毎日デッサンをして腕を磨く
積極的に漫画を自主制作し投稿する
20代前半 講談社 漫画 「努力賞」受賞
印刷会社就職しデザイン業に明け暮れる日々
劇団「銀河鉄道」に役者として入団。以降役者生活通算10年
会社を退職し油絵画家となる
20代後半 結婚
自宅でイラストの制作の下請けをする
四国新聞掲載広告漫画で「努力賞」受賞
30代前半 自宅でイラストの仕事をしながら、家業の塾のアシスタントをする。
気がつくと、小1〜中3までの勉強を教えていた。
30代後半 勉強癖がつき、資格マニアになる。
40代 デザイン業に復帰
DREAM STRATEGY. 設立。
直請け率90%以上
2014年 2013年暮れからホームページからの受注を強化しホームページに改良を加える
2014年1月からホームページメインの受注。
2016年 営業塾受講。9月にはデザインに関する講演会講師を務める。
この年は自分にとってマーケティング元年とも言える年でした。
お恥ずかしながら初めてマーケティングと真剣に向き合いました。





この画面のトップへ